専門学校を出る?SE

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

PCに関連した職業の一つにSE、システムエンジニアがあります。日常生活の中で、この職業の名前を聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、どんな職業かと聞かれてはっきり仕事内容を応えられるという人はあまり多くはないのではないでしょうか。SEは、専門的な知識を必要とする仕事の1つです。では、SEとはどのような職業なのか、その仕事内容についてご紹介しましょう。

SESEというのは、まず顧客のヒアリングから仕事が始まります。ヒアリングを通し、顧客がどんなシステムを必要としているのかを明確に把握します。その顧客の要望を把握したら、そのシステムを作るのにどれくらいの費用がかかるのか、どこまで顧客の要望を実現することができるのかを決めていきます。そして、次にシステムの設計を進めていき、どのように表示するかや操作をどのように行うのかシステムの基礎的な部分の決定を行っていきます。

基礎的な設計が決まったら、その設計を実現するためにどのような仕組みを使って実現させていくのか考えます。ここで、一番細かい設定をします。それを基に、プログラミングを進めていき、プログラミングが終わった段階で今まで設計したシステムがしっかり形となっていきます。そのシステムがSEが設計した通りにきちんと動作するのかというのをテストするのもSEの仕事です。ここまでの仕事が、SEが行う仕事の内容になります。専門的な知識を必要とするので、SEの仕事をこなすためには、専門学校などで必要となるスキルを学ばなければなりません。

関連記事:
SEに必要なスキル

独学でSEになれる?
SEになるなら専門学校?