SEに必要なスキル

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

職業には、職業ごとに専門的な知識のほか、それぞれ必要とされる有利なスキルというものがあります。では、SEになりたい人にはどのようなスキルが必要なのかチェックしてみましょう。これからSEを目指そうとしているのであれば、SEとして活躍していくために自身に当てはまるのか、SEを目指す前に確認しておくようにしてください。

コミュニケーション能力まず1つ目が、人とコミュニケーションを取るための能力です。SEといえば、PC関連の仕事のためコミュニケーション能力と聞いて意外性を感じる人も少なくないでしょう。専門的な知識や技術はもちろん大切なのですが、顧客とのコミュニケーションを取る機会もあることに加えて、仕事をする上でチームのメンバーとコミュニケーションを取ることも多くあります。そのため、ある程度のコミュニケーション能力は必要と言えます。

また、もう1つ必要なのが技術です。顧客の依頼によって、顧客の要望にできるだけ近づけるシステムを作ることがSEの仕事です。だからこそ、SEにはシステムを設計するための技術というのがとても大切です。SEが行うのはプログラミングの前段階の工程ですが、プログラミングに関しても基礎的な知識などを身に着けておいて技術を高めておきましょう。

関連記事:
独学でSEになれる?
SEになるなら専門学校?
専門学校を出る?SE

独学でSEになれる?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

SEになるために専門学校に通うという選択肢もありますが、もう1つ気になるのが独学でもSEになることはできるのかという点です。一般的に、独学で勉強することができれば、一番費用がかからずになりたい職業になることができるので、独学に魅力を感じている人も居るかもしれません。自分でもきちんと独学で勉強を進めていくことができるという人であれば、独学でSEになることも可能です。

独学独学で、専門的なSEの勉強をして関連する資格を取得した上で未経験でもOKな職場を選択すれば、スキルアップを目指しながらSEとして働くこともできるでしょう。専門的な知識を必要とする仕事ですので、未経験の人は難しいイメージもあるかもしれませんが、未経験でもOKな職場というのは意外と多くあるので心配はいりません。

基本的にSEの技術というのは、常に新しいものが出てくるような仕事です。そのため、基礎的な知識は必要となりますが、新しい技術を身に着けていくためには専門学校を出ていても、独学で勉強していくことも時には必要とされます。SEとして活躍していくためには、独学で勉強するというスキルも身に着ける必要があることを覚えておきましょう。独学で基本的な知識を身に着けるためには時間がかかるので、それも理解した上でその道を選択しましょう。

関連記事:
SEに必要なスキル

SEになるなら専門学校?
専門学校を出る?SE

SEになるなら専門学校?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

SEは、専門的な勉強が必要になる職業ですので、専門学校などに通って勉強をするべきか悩んでいる人も居るでしょう。専門学校でSEの勉強をする場合、学校によって2年制か3年制などのコースが用意されています。何年制の学校に通うのか、通う人の好みによって学校を選ぶと良いでしょう。

勉強進路の選択肢として、大学を考える人も居るかもしれませんが、なかなかエンジニアの専門知識のみを勉強できるという大学は少ないため、学校で勉強するという道を選ぶのであれば、専門学校を選択するというのが良いでしょう。短期間で効率的に勉強をしたいというのであれば、2年から3年でSEに必要な専門的な勉強ができる専門学校に進学するという道が適しているかもしれません

また、大学に進学するとなると多くの学費がかかってしまうという点も挙げられます。それと比較すると、専門学校は安く済むので短期間で多くのSEの勉強をしたい場合は、専門学校に進学する道を検討しましょう。専門学校は、基本的に資格の取得を目標に授業のカリキュラムを組んでいるので、資格の取得も目指すことができます。専門的な資格は、SEとして活躍する上でもプラスになるので、勉強をしつつ資格の取得もしっかり目指しましょう。

関連記事:
SEに必要なスキル

独学でSEになれる?
専門学校を出る?SE

専門学校を出る?SE

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

PCに関連した職業の一つにSE、システムエンジニアがあります。日常生活の中で、この職業の名前を聞いたことがあるという人も多いかもしれませんが、どんな職業かと聞かれてはっきり仕事内容を応えられるという人はあまり多くはないのではないでしょうか。SEは、専門的な知識を必要とする仕事の1つです。では、SEとはどのような職業なのか、その仕事内容についてご紹介しましょう。

SESEというのは、まず顧客のヒアリングから仕事が始まります。ヒアリングを通し、顧客がどんなシステムを必要としているのかを明確に把握します。その顧客の要望を把握したら、そのシステムを作るのにどれくらいの費用がかかるのか、どこまで顧客の要望を実現することができるのかを決めていきます。そして、次にシステムの設計を進めていき、どのように表示するかや操作をどのように行うのかシステムの基礎的な部分の決定を行っていきます。

基礎的な設計が決まったら、その設計を実現するためにどのような仕組みを使って実現させていくのか考えます。ここで、一番細かい設定をします。それを基に、プログラミングを進めていき、プログラミングが終わった段階で今まで設計したシステムがしっかり形となっていきます。そのシステムがSEが設計した通りにきちんと動作するのかというのをテストするのもSEの仕事です。ここまでの仕事が、SEが行う仕事の内容になります。専門的な知識を必要とするので、SEの仕事をこなすためには、専門学校などで必要となるスキルを学ばなければなりません。

関連記事:
SEに必要なスキル

独学でSEになれる?
SEになるなら専門学校?